IPO(新規公開株)のことならこのサイト 新規公開株(IPO)当選!「IPOゲット率26倍法」を15倍株発掘投資家 Kazが手助け!: IPO「野村マイクロ・サイエンス」初値64%上昇!

IPO「野村マイクロ・サイエンス」初値64%上昇!

IPO「野村マイクロ・サイエンス」が本日上場しました!

しかも嬉しいことに、初値が上昇しました!!!わーい(嬉しい顔)

しかも、64%上昇!グッド(上向き矢印)


以下が、IPO「野村マイクロ・サイエンス(6254)」の結果です:

主幹事 :野村證券

【事業内容】超純水製造装置の設計・施工・販売とその
メンテナンス、並びに消耗品の販売

初値 2,950円
公募価格 1,800円
初値の騰落率 63.88%

nomura-nms01.jpg


さて、本日のIPOの結果は何を意味するでしょうか?

その前にこれまでのIPO市場を振り返ってみましょう。


IPOは、初値割れが続いていました。

9月は全滅!4社全てが初値割れでした!ちっ(怒った顔)

8月末のIPOを含めると、6社連続で初値割れでした。がく〜(落胆した顔)

8月7日に上場したIPO「シーズメン」から数えると、11社上場
して、な、な、なんと!!!

9社が初値割れです!!!もうやだ〜(悲しい顔)

涙が出ます!!!

これだけひどいと、上場する企業の数も減少しています。

9月に上場したのが4社で、それ以降もそれほど多くないのは、
現在のIPO市場での初値割れが続いているせいもあるそうです。


しかしながら、最近、新興市場の流れが変わって来ました。

新興三市場、東証マザーズ指数、大証ヘラクレス指数、
そしてジャスダック指数は、ライブドア・ショック以降、
下落を続けていました。

しかしながら、9月26日から流れが変わり、急騰し始めました。

つまり、新興市場に投資資金が戻ってきたのです。

そのため、ダヴィンチ・アドバイザーズ(4314)や
アセット・マネジャーズ(2337)といった不動産ファンド株が
急上昇しました。グッド(上向き矢印)

また、ディー・エヌ・エー、ミクシィ、楽天といったネット株も
急上昇し始めました。ぴかぴか(新しい)


もともと本日上場したIPO「野村マイクロ・サイエンス」は、
通常であれば初値割れすることがないIPOでしたが、新興市場の
資金回帰で、64%も勢い良く上昇しました。


今後のIPOが楽しみです。晴れ
posted by 新規公開株(IPO)投資家 Kaz at 15:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | IPO(新規公開株)初値結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。