IPO(新規公開株)のことならこのサイト 新規公開株(IPO)当選!「IPOゲット率26倍法」を15倍株発掘投資家 Kazが手助け!: サブプライム問題とIPO投資

サブプライム問題がIPO投資に悪影響を及ぼしている

KazのIPOブログ、前回の続きです。

でもその前に…

アメリカ株が乱高下しています。その理由は、サブプライムローン問題
です。

アメリカ株が乱高下し続けている間は、日本の株も悪影響を
受けて、下落を続けます。

それと共に、IPO投資も初値割れがまだ出てくるでしょう。


特に先週の金曜日、アメリカ経済の悪化がハッキリ表面化
したので、今後もアメリカ株は乱高下、いや、急落して
行くでしょう。

私が今懸念するのは、IPO投資の初値割れだけでは
ありません。

IPO投資をされる方々は、投信も購入している方が
少なくないともいます。

その方々が、もしかしたら今後、気付かないうちに大損
をこうむっている可能性があるのでは、ということです。


なぜなら、その世界最強の投資銀行ゴールドマン・
サックスが、3,500億円の損失を知らない間に
出していた、というのです!


さ、サ、3500億円の損失ですよ!!!

厳密に言えば、ゴールドマン・サックス証券の傘下に
ある「グローバル・エクイティ・オポチュニティーズ
というヘッジファンドが出した損失でしたが…。

「グローバル」の意味は皆様ご存知かと存じます。

「世界」です。「世界」へ投資するファンドで
あったのに関わらず、アメリカ国内のサブプライム
ローンの債券が入っていたとか・・。

実はゴールドマン・サックスは、このことは発表
されるまで知らなかったそうです。


このことから、2つのことを私は考えました:


1.世界最強の投資銀行でさえ、このような損失
  を気付かないうちにこうむる。これと同じことが
  投信に投資している投資家にも起こる可能性が
  あってもおかしくない。

2.あなたの投資信託がどこに投資をしているか、
  ご存知ですか?それを全部を分かっている方は
  いらっしゃらないと思います。

  でも損失の発表があってから気づかされるので
  遅すぎる。


当然、そうなってから資金を引き出そうとしても、
かなりの損失を出しているでしょう。

私でしたら、今すぐ証券会社に電話をして、自分の
投信がどこに投資をしているか、それが本当に大丈夫か
自分の担当者の上司も呼び出して、確約してもらい
ます。

皆様の投信、本当に大丈夫でしょうか?


なお、サブプライムローン問題に関しては、こちらの
株の無料メルマガにて解説いたしました:

http://www.mag2.com/m/0000146246.html

http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/3155/p/1/

これらの無料メルマガは、登録されてもメールアドレスは
私には分からないようになっています。

つまり個人情報の流失がありませんので、
ご安心下さい。
posted by 新規公開株(IPO)投資家 Kaz at 15:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | サブプライム問題とIPO投資
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。